電話でのご相談予約はこちら

0120-393-041

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

B型肝炎訴訟を
岡崎の弁護士に相談

clip
無料 最短60秒で診断 B型肝炎給付金診断

元号:

Q1生年月日は?

Q2

Q3

Q4

Q5

弁護士によるB型肝炎訴訟で国から給付金が支払われる理由

B型肝炎訴訟で給付金が受け取れる理由

B型肝炎とはB型肝炎ウイルス(HBV)の感染が原因で発症する肝臓の疾患です。急性B型肝炎や慢性肝炎などがあり、慢性肝炎を治療せずに放置すると肝硬変や肝がんに移行することがあります。B型肝炎ウイルスは主に血液を通して感染し、感染者の血液中にウイルス量が多ければ、体液を通じて感染するケースもあります。

国内では法律により昭和23年から昭和63年にかけて、すべての子どもたちに対して、強制的に予防接種とツベルクリン検査の検査が行われました。ただ、当時は衛生管理への認識が甘く、予防接種や検査で使用する注射針や注射器を使い捨てにせず、繰り返し使用していたのです。感染者に使用した注射針や注射器を再度使用すれば感染の危険性が高まります。その結果、B型肝炎ウイルスの血液感染を引き起こし、多くの感染者を出してしまいました。

集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった全国の被害者は、厚生労働省の推計で約40数万人に上るとされています。しかしB型肝炎の感染被害者は、これまで国から具体的な救済を何ひとつ受けられず、慢性肝炎・肝硬変・肝がんなどの症状や、症状がなくても「いつ発症するかわからない」という不安感に長年苦しめられてきました。この被害者たちが、国を相手に健康被害の損害賠償を求めるための訴訟を、「B型肝炎訴訟」と呼びます。
対象者は、訴訟を起こすことで国から給付金を受け取ることができます。昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に集団予防接種を受けた方は、どなたでも感染被害者となる可能性があります。

給付金が貰える条件

豊富な解決実績

相談実績
176,036
提訴実績
13,755
(2020年5月現在)

岡崎でB型肝炎訴訟の解決実績が豊富な弁護士をお探しの方へ

実績の棒グラフ

B型肝炎は、弁護士に医学知識が必要とされる、特殊な分野です。
ベリーベストでは、肝臓専門医療機関と連携し、解決実績が豊富な弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等の証拠収集のサポートなど、お客様にご負担をおかけしないサポート体制が整っています。

巽 周平


ベリーベスト法律事務所
B型肝炎チーム リーダー
弁護士 巽 周平
(第二東京弁護士会)

岡崎市でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

岡崎でB型肝炎訴訟を弁護士に依頼したい方へ

B型肝炎訴訟の手続きは患者さまご本人が行うことも可能ですが、カルテや診断書など国が必要とする資料集め、慣れない訴状作成などで手続きに膨大な時間がかかることが予想されます。

この訴訟手続きを弁護士に依頼した場合は、国から弁護士費用の補助が支給されます。具体的には国が支払う給付金の4%相当が支給されるため、弁護士費用の負担を軽減することが可能です。訴訟に必要な資料集めは弁護士がサポートし、給付金請求を精査するため、手続きがスムーズに行えるでしょう。

弁護士に依頼してから給付金を受け取れるまでの期間は、請求する方の状況によりますが、約1年前後を要するケースが多い傾向があります。訴訟に必要な書類をなるべく早く集められれば、それだけ早く提訴できます。しかし、書類に不備があれば手続きを繰り返すことになってしまうのです。

B型肝炎訴訟の依頼を受ける弁護士・弁護士法人はさまざまですが、医療訴訟であるだけに、どんな弁護士・法律事務所を選ぶかという点が非常に重要です。費用も気になるポイントですが、もっとも大切なのは実務能力や解決能力でしょう。ベリーベスト法律事務所ではB型肝炎訴訟の解決実績が豊富な弁護士による専門チームが、肝臓専門医療機関と連携し、充実した体制でお客さまの給付金請求をサポートします。

費用

ご相談、調査費用、着手金は無料!

相談料+調査費用+着手金=0円 相談料+調査費用+着手金=0円

お客様にお支払いいただくのは弁護士費用だけ!

弁護士費用 = 給付金の13%+6万円 弁護士費用 = 給付金の13%+6万円

例)給付金が2500万円の場合

国からの給付金2,500万円-弁護士費用(325万円[13%]+6万円=計331万円)=お客様の受取2,169万円

※弁護士費用は給付金の「17%+6万円」を頂いておりますが、国から4%支給されますので、実質負担は「13%+6万円」となります。

岡崎でB型肝炎訴訟をお考えの方へ

岡崎市内・近郊にお住まいでB型肝炎訴訟をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 岡崎オフィスにお任せください。

国が過去に強制的に行った集団予防接種などにより、B型肝炎に感染した方が賠償を求めるB型肝炎訴訟においては、病気を発症した方だけでなく、症状がない無症候キャリアの方も給付金を受け取ることができるという事実をご存じでしょうか?

この訴訟では、

  • 昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の対象期間に集団予防接種や検査を受け、B型肝炎ウイルスに感染した方(一次感染者)
  • 感染者の母親から母子感染した方(二次感染者)
  • B型肝炎が原因で亡くなった方のご遺族

この3つのいずれかに該当する方々が、給付金の受給対象です。
なお、相続人であるご遺族は亡くなった方に代わり、訴訟により給付金の請求を行えます。

ベリーベスト法律事務所は肝臓専門医療機関と連携し、B型肝炎訴訟の豊富な解決実績を持つ弁護士の専門チームが対応いたします。また、完全成功報酬制であるため、最初に弁護士費用を負担する必要がなく、ご相談や調査費用、着手金はすべて無料です。

また、当事務所のB型肝炎訴訟専門チームは、全国のオフィスの弁護士約220名と連携しております。過去の事例やノウハウを各オフィスの弁護士とスタッフが共有し、質の高い法律相談サービスの実現に取り組んでいます。

B型肝炎訴訟の請求は特別措置法により2022年1月12日までと期限があるため、これから請求をお考えの方はなるべく早く請求されることをおすすめします。岡崎市内・近郊にお住まいの方でB型肝炎訴訟をお考えの方は、ベリーベスト法律事務所 岡崎オフィスの法律相談をお気軽にご利用ください。ご相談は、来所不要の無料相談ダイヤルで土日祝日も対応いたします。

厚生労働省 B型肝炎訴訟の手引き ご自身での提訴を考えている方へ(説明編)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-393-041

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

岡崎オフィスの主なご相談エリア

岡崎市、豊田市、安城市、知立市、刈谷市、碧南市、西尾市、 蒲郡市、豊川市、新城市、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村

ページ
トップへ