電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
岡崎の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績7,589
  • 交通事故相談実績70,994
  • 2020年06月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談・依頼するメリット

交通事故相談を弁護士に依頼するメリット

お早めにご相談ください

交通事故に遭われた方が弁護士に相談するもっとも大きなメリットは、受け取れる損害賠償金の金額を増額できる可能性があることと、示談交渉をすべて任せられることの2点です。

交通事故の示談交渉は基本的に被害者本人が行うのですが、事故で負傷し、治療をしている状態で相手方と示談交渉を行うのは体力的にも精神的にも大きな負担となるでしょう。保険会社の担当者と保険金請求の過失割合について実務的な内容を話し合う必要もありますが、保険会社が提案した示談金が妥当な金額なのか判断することも難しいと思います。こういった場合、弁護士に代理人を依頼すればやり取りをすべて任せることができます。

示談金請求に必要な書類も弁護士が代理人として収集するため、時間や手間を取られません。仮に示談金が提示されても、その支払額が事故の状況に照らして妥当な金額なのかどうか診断も行います。被害者の方は負傷の程度によっては仕事を休んだり、通院や入院したりする方もいらっしゃるでしょう。このような場合でも、弁護士に交渉すべてを依頼することで、安心して自分のケガの治療に専念することができます。

交通事故慰謝料の増額

慰謝料の増額

もうひとつのメリットとして挙げられた、慰謝料額の増額がなぜ望めるのかといえば、弁護士が請求する慰謝料の請求基準が、保険会社などで用いられている基準と異なるためです。慰謝料の算出には、以下の3つの基準があります。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)基準

最低限の補償を目的とする自賠責保険の基準で算出された金額です。ご本人が交渉する場合の基準となり、事故による入院・通院費用は法律により日割りの定額となっています。

任意保険基準

保険会社が独自に設定する基準で、自賠責基準よりは高くなる可能性があります。保険会社が提示する示談金の多くはこの基準が適用されます。

裁判所基準(弁護士基準)

過去の交通事故の裁判例に基づいた基準で、3つの中でもっとも高い金額が算出されます。

弁護士は裁判所基準を用いて算出するため、保険会社が請求するより慰謝料が高額になります。個人や保険会社が交渉しても相場の5~6割とされますが、弁護士の交渉ではそれを9~10割にすることが可能です。ケースによっては自賠責基準の2倍以上になることもあります。

後遺障害認定手続きのサポート

まだまだ関係ないとは思わずに、早い段階で相談することが重要!

事故の後、治療を続けても症状が完治せず、医者から後遺障害があると診断されると、後遺障害等級の認定を受けることができます。認定されれば、慰謝料に加え、後遺障害によって失われた将来の利益(逸失利益)を請求できるため、受け取れる賠償額が大きく変わります。

後遺障害等級を受けるための請求方法は「事前認定」と「被害者請求」の2つです。「事前認定」は保険会社に手続きを任せる方法で手間は省けますが、請求に有利な書類などを補足として提出することはできません。「被害者請求」は被害者ご本人が申請するため、手続きに手間がかかりますが、カルテや医師の意見書など有利な書類の提出が可能です。ただ、後遺障害が残るご本人が申請するのは大きな負担があります。被害者請求で弁護士に依頼すれば、手間がかからず、認定も受けやすくなります。また、裁判所基準を用いるため、ご本人が自賠責基準で算出するより高い金額を請求可能です。

愛知県岡崎市で交通事故に遭われた方へ

岡崎市内・近郊にお住まいの方で交通事故に遭われた方は、ベリーベスト法律事務所 岡崎オフィスにご相談ください。

交通事故に遭ったばかりであれば、当事務所の弁護士に依頼することで、保険会社とのやり取りから示談交渉まですべて任せることができます。治療に集中することができるはずです。また、仮に示談交渉が決裂した場合も調停や訴訟によって和解または判決を受け、示談金の支払いにつなげられるよう交渉を続けます。事故のケガで仕事を休んでいる場合は会社に休業損害証明書を作成してもらうことで、給与の減収分を請求することが可能です。

事故の後にむちうちなど後遺障害となってしまった方、顔に目立つ傷が残ったりした方などは後遺障害等級の認定を受けられる可能性があります。後遺障害等級の認定を受けることで賠償額は大きく増えるでしょう。後遺障害等級を適切に認定してもらうには医師が作成する後遺障害診断書の内容が大変重要です。ベリーベスト法律事務所 岡崎オフィスの弁護士にご相談いただければ、医師に伝えるべき内容や必要な検査などのアドバイスを行います。事前準備により後遺障害認定の請求や示談交渉を適切に進めることができるでしょう。

保険会社から示談金を提示された方はその金額が適切なのか確認することが重要です。いったん示談に応じてしまうとやり直すことはできません。当事務所の弁護士にご相談いただければ、示談金額を裁判所基準で再度算出しますので、提示金額より増額できる可能性があります。

また、後遺障害等級の申請を保険会社に任せたら症状があるのに非該当と判定された、低い等級として扱われたなど、納得がいかない結果になったという方は異議申し立てをすることが可能です。自賠責保険の認定基準は曖昧なことが多く、適切な認定が受けられないケースがよく見られます。認定結果を覆すには医師に働きかけて新たな診断書を作成したり、必要な検査を的確に実施してもらったり、カルテを取り寄せたりする作業が必要です。当事務所の弁護士にご相談いただければ、これらの作業をサポートし、異議申し立ての見通しを検討しつつ、最良の方法をご提案することができます。

ベリーベスト法律事務所では、全国対応の交通事故専門チームがお客さまのご相談内容をお伺いします。交通事故対応の経験が豊富な弁護士とスタッフによる編成チームで、勉強会を定期的に行うことで多くの事例を共有し、ノウハウを学んでいます。これまでのご相談件数は70,994件に上り、解決実績は7,589件と豊富です。交通事故についての法律相談は、初回60分が無料でご利用できます。ご依頼される場合も、裁判手続き等を除いて、着手金は原則として無料であり、解決後の報酬金も保険会社から支払われる示談金からいただくため、基本的にお客さまが弁護士費用を負担する必要はありません。ご自身が弁護士費用特約付きの保険に加入されている場合は、限度額の範囲で弁護士費用が支払われるため、自己負担0円で利用いただくことも可能です。

岡崎市内・近郊にお住まいの方で交通事故に遭われた方は、ベリーベスト法律事務所 岡崎オフィスにご連絡ください。土日祝日もお電話にて、営業時間外はメールでも対応いたします。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

岡崎オフィスの主なご相談エリア

岡崎市、豊田市、安城市、知立市、刈谷市、碧南市、西尾市、 蒲郡市、豊川市、新城市、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村

ページ
トップへ